スポンサードリンク

スキンケアで気をつけること

スキンケアで気をつけることの一つが適切な洗い方です。知っているようで意外とこれができていません。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないと肌が荒れる原因になってしまいます。
一方で肌残りを気にしすぎて、丁寧に洗ってしまうと、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、カサカサの肌になってしまいます。

洗顔は自分なりの方法ではなく、正しい方法を知り、実践するようにしてください。洗顔をきちんと行わないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。肌が乾燥してしまうことも肌を守っている機能を弱めてしまうことになるため、保湿を欠かすことがないようにしてください。しかし、潤いを与えすぎることもいいことではありません。


体内からスキンケアをすることもポイントです。アンチエイジング成分配合の化粧品をお肌のお手入れに使えば、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象を進行を遅くすることができます。しかし、アンチエイジング化粧品を使っているからといって、生活習慣が良くなければ、肌の老化のほうが優ってしまいあまり効果はわからないでしょう。


肌のスキンケアにも順番というものがあります。

ちゃんとした順番で使わないと、効果が得られないかもしれません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌に水分を与えましょう。

美容液を使いたいという人は化粧水の後です。最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、水分を肌に染みこませてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。乾燥肌のスキンケアで大事なことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。皮脂を完全に落とさないということも大切なことです。

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。洗顔に際してお湯を使いますが必要以上に熱いのはNGです。

保湿ももちろんですが洗顔方法も再度確認してみてください。スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと肌に水分を与えることなのです。


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。