スポンサードリンク

多汗症、自分で改善に取り組むには

多汗症とは普通では考えられないほどたくさんの汗をたくさんかいてしまう症状のことです。

気候や体調によって普段よりも多く汗をかいてしまった経験は誰しもあると思いますが、それが極端に起こるのが多汗症です。

具体的な症状としては、手汗で書類が破れる、汗が多く常に手のひらがベタベタしている、手汗で握手の相手が不快になるほど、などがあります。
それだけではありません。汗で鉛筆を上手く持てない、汗でパソコンのキーボードが壊れる、顔から大量の汗が垂れるなどの症状は多汗症を疑った方がいいでしょう。

多汗症には全身から大量の汗が出る全身性多汗症と局所性多汗症があります。
局所性多汗症は汗の発生場所によって病名が異なります。手のひらに大量の汗をかく手掌多汗症、足裏から大量の汗をかく足蹠多汗症。ワキから大量の汗をかく腋窩多汗症、頭から大量の汗をかく頭部多汗症、顔面から大量の汗をかく顔面多汗症があります。


局所性多汗症に悩まされている方は全身性多汗症よりも悩まされている方よりも多いと言われています。


多汗症の主な原因は、病気以外に、ストレス、ホルモンバランス、生活習慣の乱れなどです。
多汗症に悩まされている原因が病気のこともあります。
たとえば甲状腺機能亢進症や急性リウマチ、糖尿病などでは汗をかきやすくなりますので汗の量がいきなり増えた場合は念のために病院に行って検査をした方がいいかもしれません。

多汗症とストレスには深い関係があります。
ストレスを受けると交感神経が優位になり、汗腺の働きが活発になるのです。交感神経が敏感な人、ストレスを多く抱えている人は多汗症になりやすいのです。

ホルモンバランスが乱れることで自律神経も乱れ、交感神経が優位になってしまいた干渉になることあります。更年期の女性はホルモンバランスが乱れやすいので注意が必要です。

乱れた生活を送っているとホルモンバランスや自律神経、汗腺機能が乱れてしまって、多汗症を発症させることかあります。


多汗症対策は、自分でできることもあります。

入浴、ストレスの軽減、適度な運動、食生活の見直しなど基本的なことほど重要です。

たとえば、シャワーだけでお風呂を済ませている人は、しっかりと浴槽に浸かってください。浴槽に浸かるとたくさんの汗をかき、それが汗腺機能や自律神経の改善に繋がり、症状を緩和できます。

リラックスすることは大切です。

入浴以外にもスポーツをするのもいいですし、買い物や旅行に出かけるのもいいでしょう。好きなことをして、ストレスを発散することが多汗症の改善に繋がっていきます。

適度な運動をすることでストレスを軽減させたり、汗腺機能を改善できますので、ウォーキングやジョギングといった軽めの運動で多汗症対策に取り組むと良いでしょう。

食生活の見直しも多汗症改善に効果的です。動物性脂肪を控え、刺激物を食べないという食べ物への注意のほかに、リラックスしながら食事をすることも重要です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。