スポンサードリンク

アロマテラピーは危険なの?

アロマテラピーは危険だといわれることがありますが、これは本当のことです。

ただしそれは猫や犬には危険だという意味です。
猫や犬に危険なら人間にも良くないのではないかと考えるのは短絡的です。
理由を説明します。


猫のいるご家庭では使用しない方がいいというのは本当です。
猫の肝臓機能は人間と違うので精油の成分を解毒することができないのです。
解毒できないと成分が体に蓄積された結果、健康を損なうことがあります。

人や犬は猫と肝臓機能が異なるので、精油の成分を解毒できるので安心です。

しかし、犬の場合も注意しないと体調に異常をきたすことがあります。
それは猫とは違う理由です。
犬は嗅覚が非常に鋭いため、アロマテラピーの影響を大きく受けてしまうのです。
特にシトロネラ、アニス、カンファー、カッシア、クローブ、ヒソップ、ジュニパー、マグワート、マスタード、オレガノ、タンジーなどは犬に合わない精油なので使用を避けてください。

使用量に気をつけさえすれば、ラベンダー、ベルガモット、ペパーミント、ローズマリー、マージョラムといった精油は犬でも使用できます。

自分のことも大事ですが、周囲への配慮も必要、というのはペット好きな方なら常識ですから心配はありませんが、知らないとペットに気の毒なことになってしまいます。


そういうことも考えるとアロマテラピーで必要になる精油は、安全性を考えた場合、専門店で買うのが一番です。
適当にお店を決めてしまうと品質の悪いものを買ってしまって、ペットにもひょっとしたら人間にも体に害を与えるかもしれません

精油はデパートやアロマテラピーショップ、雑貨屋、100円ショップなどでも購入はできます。
お店によって販売している精油の品質が異なります。
特に激安で販売している精油は基本的に品質が悪いので購入しないでください。

ネットで購入するのもいいでしょう。近くにお店のない人にとっては大切な選択肢です。精油のネット通販を行っているお店はたくさんあります。

しかし、これも激安店の話と同様で、アロマテラピーに疎い人が運営しているネットショップや品質を偽って販売しているところがあるので注意してください。信用できるのかを確認してから利用しましょう。

やはり初めて精油を購入する人は、専門店に直接足を運んでスタッフと相談しながら買ったほうが良いと思います。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。