スポンサードリンク

アロマテラピーってどんな効果があるの?

アロマテラピーは植物の香りを利用して、身体や心のストレスを緩和させてくれます。

アロマテラピーの効果は、ストレスの緩和だけではありません。
美容にも効果がありますし、免疫力の向上や、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

でもなんだか信じられないという人もいるでしょうし、アロマテラピーを気休め程度に考えている人も多いですが、そんなことはありません。

アロマテラピーの効果は思っている以上に高く、健康的な心と身体を維持の役立ちます。ただ利用には若干の注意も必要です。


現代社会はストレス社会といわれていますよね。大人はもちろん、子供もストレスを感じる時代です。心も身体も疲れていると感じている人は多いはずです。そんな私たちの疲れを癒してくれるのがアロマテラピーです。

誰もが感じる日常の違和感、たとえば身体の調子がおかしい、なんとなく気持ちが不安定、癒しが欲しい、といった場合には、アロマテラピーをお試しください。

使用方法を間違えると体に悪影響を与えてしまうこともあるので、アロマテラピーを始める前に正しい使用方法を確認しておきましょう。

アロマテラピーは危険なものではありませんが、要は使い方次第です。

特にアロマテラピーを子供や高齢者に使う時は注意が必要です。
アロマテラピーは使用方法を間違えると副作用を起こす危険があるからです。


まず、精油を直接肌につける人がいますが、これは絶対にやめましょう。
刺激が強すぎて、肌荒れを起こす可能性が大きいです。肌につける場合は、キャリアオイルで1%以下に薄めてから使うのが一般的です。

精油の中には光感作用を持つものもあることは知っておいたほうが良いです。光感作用のある精油を使用してすぐに紫外線を浴びてしまうと、シミができやすくなります。
特に、柑橘系の精油は光感作用を持っているので気をつけないといけません。

北海道を代表する花としても有名なラベンダーは、アロマテラピーで使用されることが多い精油ですが。しかしラベンダーはリラックス効果が強いので、起床時に使用するとスッキリとした目覚めを妨げることになります。

また、長期間アロマテラピーを続けていると肌荒れやアレルギーを引き起こすかもしれません。個々人の体質に合わない場合もあるのです。特に、使用期限の過ぎたものを使用すると肌荒れを起こしやすいです。

精油によっては病気を悪化させるものもあるので、病気を患っている方はかかりつけの医師に相談して、どんなものにどんな副作用があるのか確認してから使ってください。


アロマテラピーには様々な効果がありますが、代表的な効果は癒し、美容、健康です。

なかでもアロマテラピーの効果として最も有名なのが癒しです。精油の香りが脳をリラックスさせ、自律神経の乱れを改善します。
具体的には、イライラ、気分の落ち込み、ストレス、不安、不眠を改善し、意欲、集中力の向上などにも作用するので、うつ病の治療に有効だとされています。

アロマテラピーには血液の流れを良くする効果があるので、美容にも良いです。
美容の中でも、ニキビやシワ、たるみ、ダイエット、乾燥肌、セルライト、かかとの角質などに効果があることがわかっています。

癒し、美容だけでなく、健康面にもプラスの影響をもたらすのがアロマテラピーです。

疲れ目、ドライアイ、風邪、せき、のどの痛み、鼻づまり、花粉症、冷え性、肩こり、首こり、むくみ、生理痛、生理不順、下痢、便秘、更年期といった症状の改善に効果を発揮します。

繰り返しますが、精油によって効果が異なりますし、個々人の体質によっても合うあわないがあるので、自分に合ったものを選んでください。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。