スポンサードリンク

二重まぶたにしたいけど、という悩み

一重瞼が嫌で二重瞼に憧れる人は多いです。それぞれの顔かたちや表情にもよるので一重まぶたよりも二重まぶたが良いとは一概にはいえないですが、そうは言ってもやっぱり二重にしたいという方も多いでしょう。

整形には抵抗があるけど、プチ整形には興味はある、という場合、プチ整形で理想の二重になれるのか気になりますよね?

「理想の」というところが問題ですが、きちんと医師と相談しながら行えば、理想の二重になれます。逆に医師に任せっぱなしだと、二重になれたとしてもイメージと違う二重になってしまうかもしれません。


プチ整形では埋没法という手術が使用されます。埋没法は切らないので傷跡が目立ちませんし、料金も整形より安いです。さらに短時間で終わるので、体への負担も少ないです。

この手術方法自体は易しい部類の手術ですが、仕上がりは医師の腕に左右されます。

せっかく二重にしたのに、経験の少ない医師のせいで期待していた二重と違ってしまう場合もあるでしょう。

プチ整形だから、と適当にクリニックを選ぶのではなく、しっかりとどこがいいのか調べてからプチ整形を行ってください。

費用よりも実績を重視して選ばれた方がいいでしょう。クリニック探しも、口コミ情報は大事です。

ところで、埋没法にはデメリットもあります。埋没法は医療用糸を使って二重まぶたにする方法です。つまり、糸が切れると一重に戻ってしまいます。


整形で二重まぶたにする方法は、確実な方法ですが、整形がバレないか心配ですよね?

まず、術後の腫れや内出血、傷跡がきっかけでバレることもあります。
整形なのでバレてしまう可能性はあります。完全な一重まぶたの人が急に綺麗な二重になると変化があまりにも大きいのです。

もし、整形で二重にしたいなら、無理のない見た目にしましょう。

腫れや内出血はメイクで上手く誤魔化しましょう。だいたい2週間くらい経てば、腫れや内出血も治ります。普段からメイクで二重まぶたにしていると見た目の変化を小さくできます。

手術の傷跡は思いがけず目立ってしまうことがあります。傷跡を乾燥させたり、傷を刺激したり、日焼けをしてしまうと傷跡が目立ってしまうので注意しましょう。

そうやって注意をしていてもまぶたの変化は分かりやすいので、人にわかってしまうことも想定した上で整形を行うのが良いと思います。

そもそも「二重まぶたは遺伝?」なのでしょうか。いわゆる遺伝には優性遺伝と劣性遺伝の2つがあります。

その区分でいうと二重は優性遺伝、一重は劣勢遺伝なので、二重まぶたは遺伝しやすいといっていいでしょう。父親と母親の両方または片方の親が二重の場合、子供も二重になる可能性は高くなります。

やっぱり遺伝なのか、と安心したり、心配したりしてはいけません。必ず二重まぶたが遺伝するわけではないのです。
両親が2人とも二重まぶただったとしても、その子供は一重まぶたになる場合もあります。

二重まぶたになるかどうかは脂肪や皮膚の厚みなどによっても変わってきます。両親が一重まぶたでもその子供が二重まぶたになることもあるのです。

遺伝はあくまでも可能性の問題なのです。また二重まぶたに途中からなる人も少なくありません。

「うちは夫婦2人とも二重まぶただから、子供も絶対に二重まぶたになるはずだ」と考えていても、絶対ということはありえません。

両親とも二重でも、一重まぶたの子供がいる家族はたくさんいます。


生まれた子供の顔をみて、一重まぶただった、二重まぶただったと話すのも意味がありません。生まれた時から二重の人は滅多にいないです。

一重から二重になるのはいくつかのきっかけがあります。むっちり感が取れてくる3ヶ月〜1歳頃、自分で動けるようになる3歳頃、大人の体に変わる思春期、そういう時期になると体の脂肪が取れて、まぶたも痩せて二重まぶたになったりします。

逆に、本当は二重まぶたなのに一重になっている人も多いのです。それは肥満やむくみなどが原因です。つまりこういった人の場合には、原因となっている肥満やむくみが解消されれば、二重まぶたになります。

一重まぶただった子供が途中からだったけど二重まぶたになったという人は、肥満やむくみが解消されただけなのかもしれません。

さてさて、二重は遺伝だからとあきらめたり、むくみを解消しようと無理なダイエットをしたり、覚悟を決めて整形したりなどといろいろと悩んでしまうわけですが、二重になりたい人に朗報もあります。

それは年齢です。どういうことかというと年齢を重ねると皮膚の弾力が低下してくるからです。皮膚の弾力が強いと一重になりやすく、弾力が弱いと二重になりやすいということです。

途中から二重になるケースはこれもひとつの理由かもしれません。


つまり途中から二重になることはそれほど珍しいことではないのです。
また、まぶたの状態によって二重まぶたが一重まぶたになることを経験している方も多くいまし、逆のケースもあります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。