スポンサードリンク

一気に、でも無理なく体重を落とすには?

一気に、でも無理なく体重を落としたい、そんなことをつい考えてしまいますよね。

そんなあなたには、プチ断食がおすすめです。プチ断食とは、本格的なダイエットではなく、ミニ断食のことです。

1日だけ何も食べない、そんなダイエット方法のことをいいます。

断食と言っても飲み物を摂ることはOKです。

いわゆる断食は、体の負担も大きく、長期間続けるのは現実的に難しいですが、プチ断食は1日なので、なんとか我慢できます。

1日固形物を食べないことで、当然その分のカロリーをカットできるわけですが、同時に内臓を休ませることができるという大きなメリットがあります。

体を動かすと疲労することは誰でも知っていますが、内臓だって毎日働いていれば疲れるわけです。お酒を飲む人に休肝日を進めるのと同じで
プチ断食で内臓も休めましょう。

プチ断食は手軽で体への負担は少ないというものの、プチ断食を行う場合には、準備期間を設けることが必要です。

体への負担は少ないと言いながら、やはり普段と違うことをするわけですから、いきなり断食を始めると体の負担が大きいです。おすすめなのは前日から体を慣らすことです。

まず、プチ断食をすると決めた日の前日の夕食は少量にします。そして、当日は飲み物だけで過ごすのです。

飲み物は飲んでも良いので、プチ断食では酵素ドリンクが良く用いられます。酵素ドリンクは栄養価が高いわりにはカロリーが低いというのがその理由です。

酵素のパワーは、痩せやすい体質つくりにも役立ちます。

そしてプチ断食の翌日は、胃に負担がかからないものを食べてください。
断食からの回復日とするのです。


短期間で体重を落とすダイエットが流行っていますが、無理をするのは危険です。あまりにも一気に落とし過ぎるのは体への負担が大きく、結果として様々な望ましくない問題が現れます。

例えば、無理な食事制限をすることで栄養不足に陥ると、体調を崩しやすくなるだけでなく、肌荒れや脱毛を引き起こす可能性があります。さらには、貧血や生理不順、めまい、立ちくらみといった症状が現れることもあるでしょう。

エネルギーが不足すれば集中力が低下し、大人なら仕事でミスが多くなったり、学生なら学校の授業に集中できなくなったりします。


そういった副作用的な問題だけでなく、短期間で体重を落とした場合にはリバウンドの可能性も高くなります。

それには理由があります。ダイエットをするときに運動や筋トレを取り入れないと筋肉量が低下してしまうのです。筋肉量が低下、基礎代謝の悪化は、太りやすい体質を作ってしまいます。

ダイエット後に元の体重に戻ったり、以前よりも体重が増えてしまう危険が大いにあります。

それだけではありません。短期間ダイエットは大きなストレスを抱えることになるわけで、精神的にも当然よくありません。

短期間に無理をしないほうが良いとすると、次に考えるのは少しでも楽に体重を減らせないかということでしょう。

何もしないでダイエットできれば、と考えてしまうのは人の常です。そんな中で朝方生活にするだけで、体重が落ちるといわれていますが、それれは本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

嘘のような話ですが、夜型になってしまっている生活を朝方生活に戻すだけで、体重は自然に落ちていきます。

その理由を知るためには、夜型生活を続けるとどうして太ってしまうのかを説明したほうがわかりやすいと思います。

まず、夜型生活は満腹中枢を乱してしまうことが挙げられます。満腹中枢が正常に働いていないということは、いくら食べても満腹感を得ることができないということです。つまり食べ過ぎしやすく、太ってしまうというわけです。

また夜型生活はストレスも多くなることも原因です。ストレスが増えるとやけ食い的に食事でストレスを解消しようとしてしまう傾向がありますし、夜は体を動かす時間も短いので余分に摂取したカロリーをなかなか消費することができません。


朝方生活にすると体重が落ちる理由は、以上のことの反対を考えていただければ良いです。

まず、朝方生活ならば満腹中枢が正常に戻ります。その結果食べ過ぎることを防げますし、体を動かす時間が長くなるのでカロリーの消費量がアップします。

それだけではありません。朝方生活ならば、やる気がアップし、ダイエットを頑張ろうという気持ちにもなり、それを持続するのも容易になります。

やることは「生活リズムを整える」ことだけ。それだけで大幅に体重を落とせるので、夜型生活の人は朝方生活に変えましょう。それが本来の人間の姿なのです。

朝方生活に生活パターンを変えた人の中には、3ヶ月で20キロの減量に成功した人もいます。

もっと楽にダイエットすることができないのかと思う方は、オーバーナイトダイエットを試してみるのも良いでしょう。

オーバーナイトダイエットとは寝ている間に痩せられる、夢を見ている間に痩せられる、まさに夢のようなダイエット方法です。

うまくいけばきつい運動にも、無理な食事制限にも無縁のままで、しかも無理なく体重を落とすことができます。これならダイエットが苦手な方でも簡単に痩せることができるでしょう。

そんなうまい話は信じられない、どうして寝ているだけで痩せられるのかとあなたはお思いでしょう。

それには体重が落ちるメカニズムが大きく関係しています。


一般的なダイエットの場合、食事制限が中心となるので、体重だけではなく筋肉も落ちてしまいます。筋肉が低下するということは基礎代謝が悪くなるということです。つまり痩せづらい体質になってしまうのです。

その点、オーバーナイトダイエットはタンパク質を意識して摂るダイエットなので、筋肉が減ることはありません。

筋肉量を維持できてさえいれば、基礎代謝も落ちないので、動いている時はもちろん、寝ている時も常にカロリーが消費されてくのです。

そしてオーバーナイトダイエットの場合には、筋肉が低下していないの痩せた後もリバウンドしづらいです。痩せやすく、太りづらい体質に改善されさえすれば、体重が容易に増えてしまうこともありません。


上記のことと合わせて実践すると良い考え方に8時間ダイエットというものがあります。

これは1日のうちで食べる時間を8時間内ににおさめて、後の時間は何も食べないというダイエット方法です。

1日24時間のうち寝ている時間を除いて、さらにそのうちで8時間しか食べる時間がないので、必然的に食事は1日2食になります。

1食を抜く、つまり食べる回数が減ることになるので、1食分のカロリーが強制的にカットされます。

一方、食べない時間が16時間もあるということは、消化器官も十分に休むことができるということです。休むことで疲れていた内臓機能を正常に戻すことも可能です。

そもそも昔の人は1日2食が普通であり、現代人は食べ過ぎだという考えもあるくらいですから、8時間ダイエットは生活を正しい姿に戻すダイエットだともいえます。

十分に休んで内臓機能が正常に戻れば、便秘解消に繋がります。

いいことずくめの、しかも手軽にできる8時間ダイエットですが、実践にはルールがあるので、注意してください。ルールを守れないと失敗します。

まず、食事の時間を毎日一緒にすること。生活のリズムを整えることがキーポイントです。常に同じ時間に食事をすることは代謝の向上にもつながります。

また当然のことながら、摂取カロリーにも注意しないといけません。

1色抜くことになるから、と8時間の間に大量のカロリーを摂取してしまうとそもそもダイエットの意味がなくなります。

規則正しい生活の中で摂取カロリーを増やさずに続けるということが8時間ダイエットで大切なことです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。