スポンサードリンク

ほうれい線は予防できる

ほうれい線予防に欠かせないのものの第一は紫外線対策です。

そんなの当たり前だと思いますか?そう思っているなら、必ず実行してください。
紫外線が肌をたるませ、ほうれい線が目立つようになる。この仕組みを理解しているなら、季節に関係なくしっかりとした紫外線対策を行ってください。

ほうれい線予防に欠かせないのものの第二は十分な睡眠。

睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が悪かったりすると成長ホルモンの分泌が低下。その結果、ほうれい線ができやすくなります。毎日の十分な睡眠は、ほうれい線予防にも重要なのです。

夜10時〜朝2時の時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になるので、きちんと睡眠時間に当てましょう。

そのほかにも、肥満もほうれい線の原因だと言われています。
耳の痛い話ですが、適度な運動によるダイエット。やっぱり重要なのです。
しかし急激なダイエットは、逆にほうれい線の原因となってしまいますので少しずつ体重を減らして適正体重を手に入れましょう。

栄養が偏った食生活は、ほうれい線ができやすくなります。ビタミンやミネラルはほうれい線予防に不可欠です。肉だけでなく野菜や魚を忘れずに。

まとめてみますと、以下のことに気をつければ、ほうれい線を予防することは可能です。
・紫外線対策
・十分な睡眠
・適度な運動
・栄養バランスのいい食事


ついでに、ほうれい線改善・予防のマル秘テクニックをご紹介します。

それはベロ回し。誰でもできる簡単な方法で、ほうれい線予防ができます。

やり方は簡単。

口を閉じて、左回りにベロを歯に沿って20回ゆっくりと回し、次に右回りに同じく20回回します。
左右20回を1セットとして、1日3セット。

やってみるとわかりますが、これが意外と大変です。20回行うのが難しいと感じる場合は、筋肉が弱っているということです。
ただし後頭部に痛みを感じる場合は無理をしないでください。
少ない回数から始めて徐々に回数を増やしていきましょう。

ベロ回しがなぜほうれい線の改善や予防に効くのでしょう?
表情筋が衰えると顔がたるみ、ほうれい線ができてしまうからです。
意識しないと鍛えるのが難しい筋肉が表情筋です。

ベロ回しは、血行を促進するのでほうれい線の改善にとても有効な方法なのです。
さらに嬉しいことに二重あご、顔のゆがみ、シミ、シワ、小顔などにも効果を発揮します。

表情筋を鍛えることで表情が豊かになるので、それだけでも印象が違ってきます。

ほうれい線にはベロ回し、と覚えておきましょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。