スポンサードリンク

爪で角栓を押し出してはダメ

毛穴はなくしたい。隠したい。
毛穴が目立つ原因のひとつは角栓ですし、角栓があると毛穴が目立つのでとってしまいたくなります。
角栓は肌トラブルを起こりやすくはますので、除去するのは間違いではありません。

だからといって、爪で無理に取るのは、絶対に・絶対にやめましょう。
手軽にできたと思ってもそれが実はクレーター肌の原因となるからです。

爪で角栓を押し出すと、結果として毛穴が大きくなり、余計に毛穴が目立つようになります。
悪循環ですね。それにばい菌が入る恐れもあります。

爪による刺激は色素沈着をひき起こしたり、肌にダメージやストレスを与えた結果、ニキビができやすくなります。角栓を除去したい場合は正しい方法で行ってください。

基本は洗顔ですが、それではどうしても取れない角栓は、角栓用のピンセットやコメドプッシャーを使うのもよいでしょう。その場合でも取りづらいものを無理に取ってはいけません。
取れるものだけを取り、取れないものはそのままにすることです。
そして

無理に取ろうとして肌を傷つけてしまっては何にもなりません。傷つけるつもりはなくても肌にはストレスがかかっています。角栓を取った後には、収れん化粧水や冷たいタオルで毛穴を引締めるようにしてください。

 
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

リンク集
ファン
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。